基礎化粧品

これからはミルククレンジング!メイク落として美肌にする秘密の新商品

 

先日説明会に伺って以来使っているアンオーの「ホリスティッククレンズミルク」が素敵すぎるので、連載3回目となりました。

熱をこめて執筆しております。

クレンジングに関するアンケートによると、オイルタイプのクレンジング剤を選ぶユーザーが一番多くなっています。

そしてミルクタイプは、オイル・リキッド・クリーム・ジェルなどのタイプ分けの中ではユーザーが一番少ないクレンジング剤となっているのです。

しかしミルクタイプのクレンジングが特別「メイクが落ちない」ということもないし、オイルタイプが「抜群にメイクが落ちる」という大きな差があるわけではないのです。

もしいまあなたが

今使っているクレンジングが自分に合っているのかわからない

これまで使ってきたクレンジングで肌荒れするようになってきた

もっと良いクレンジングがあるはず!

と思っているのであれば、新しいタイプのミルククレンジングをぜひ知ってください。

ミルククレンジングの特徴からはじまり、ミルクタイプでありながらこれまでとは全くちがう技術でメイクを落とすアンオーのクレンズミルクについて掘り下げてみたいと思います!

 

ミルククレンジングはなぜ人気がない?

タイプごとに分けたクレンジングのユーザー割合はこのようになっています。

(参照元:「メイク落としに関するアンケート」

リキッド・ジェル・クリームタイプは年代によって割合にばらつきが出てきますが、オイルはどの年代でもダントツ1位で、ミルクはどの年代でもダントツ最下位です。

な、なぜ…

なぜオイルタイプが人気なのか?

ではなぜオイルタイプがここまで人気があるのかというと、第一に「洗浄力」があげられると思います。

オイルタイプのクレンジングは主に「油分」「界面活性剤」で構成されているため、油を浮かせて落とすことにとても長けています。

たとえば念入りに塗ったファンデーションやウォータープルーフマスカラなども「するっと」確実に落とすことができる「手軽さ」がとても魅力なのです。

オイルタイプの手軽さの裏では…

しかしながら、メリットがあればデメリットもあります。

オイルタイプで「手軽に・確実に」しっかりメイクも落とすと同時に、強い界面活性剤をお肌にぬりたくっているということになるのです。

強すぎる洗浄成分は本来必要なお肌のうるおいまで落として、乾燥を招く原因となります。

20代のお肌では耐えられていても、30代40代となってくるとオイルタイプで肌荒れを起こすようになる人も少なくありません。

女性がお肌に関して悩んでいる

「毛穴の汚れ・毛穴の開き・乾燥シワ・弾力」

などはすべて乾燥によるものです。

エイジングにとっても、乾燥は大敵!

 

なぜミルククレンジングは人気がない?

主なクレンジングのタイプ

オイル・リキッド・クリーム・ジェル・ミルク

の中で、ミルクタイプはなぜ一番人気がないのでしょう?

ミルクタイプはこの中で一番界面活性剤の配合率が少なく、お肌に優しいとされているのに、です。

その理由はやはり、洗浄力にあるようです。

忙しい毎日を送っている女性のみなさんは、疲れて帰ってきて、少しでも早く簡単にメイクを落としたいですよね。

オイルクレンジングの正反対に位置する「お肌にやさしい」ミルククレンジングは、「メイクがきちんと落ちない」というイメージが強いのかもしれません。

あるいは「手軽できちんと落ちる」というイメージからオイルクレンジングを使っているだけで、

可もなく不可もないから使い続けている

ほかのクレンジングは試していない

という人も多いのではないかと思います。

そんな人たちに、ぜひとも知ってほしいのがミルククレンジングの実力なのです!

 

ミルククレンジングの常識をくつがえす新しい「落とし方」

先日参加してきた商品説明会にて、以下のタイプのクレンジングで同時に「落とし比べ」をしました。

はたしてオイルタイプは他より突出して「よく落ちる」のか?ほかのクレンジング剤との差はどれくらいなのか?検証してみました!

塗ってあるメイクは「濃く塗ったウォータープルーフマスカラ」「濃く塗ったリップティント」です。

クレンジング剤は左からこの順に塗ってあります。

  1. ミルク代表:アンオー「ホリスティッククレンズミルク」
  2. バーム代表:デュオ「クレンジングバーム」
  3. ジェル代表:PBNG「maNaraホットクレンジングゲル」
  4. オイル代表:アテニア「スキンクリアクレンズオイル」

クレンジング時間は1分間です。それではどうなるか?

落とし比べを見てみましょう。

コットンできれいに拭き取るところまで見ることができたでしょうか?

このような結果になりました!

もう一度順番を確認すると、左から「ミルク→バーム→ジェル→オイル」です。

一番メイクをよく落とせているのは、一番左のミルクのように見えませんか?

 

これを見てわかるように、実はクレンジングのタイプによって

 

「メイクの落ち方に大差はありません!」

洗浄力がほぼ同じならば、”よりお肌に優しいクレンジング”の方が良いですよね?

 

しっかりメイクも落ちるのはなぜ?

ではこの落とし比べに使用したミルクタイプのアンオー「ホリスティッククレンズミルク」がなぜここまでしっかりメイクを落とせるのでしょう?

これまでの洗浄力が強いクレンジングにはかならず「界面活性剤」が入っていました。

問題

アンオーのクレンズミルクには界面活性剤が入っているのでしょうか?

正解

いいえ、入っていません。

ここがアンオーのクレンズミルクの画期的なところなのです。

界面活性剤を一切使わず、オイルクレンジング以上の洗浄力を持っている。

その秘密は、アンオーだけの技術である「引力」にあります。

分子間に働く「お互いに引き合う力」を利用して、汚れを拾い集めて洗い流すことができるのです。

(この原理について詳しく知りたい人は「アンオー公式サイト」にて!)

 

お肌に優しいのはもちろん、美肌まで…!

アンオーのクレンズミルクは界面活性剤不使用ということでお肌への負担をかなりなくすことができます。

そのうえ、「美肌効果」があることも認められているのです。

その秘密は、配合されている「バリア成分」「抗ストレス植物」にあります!

バリア成分とはセラミド・スクワラン・ホホバオイル・ビタミンC誘導体で、洗い上がりにぬるっとした感じが残るのがそれです。メイクが落ちていないわけではなく、バリア成分がすでに働きはじめているのです。

そして「抗ストレス植物」というのは、過酷な環境下に生息し独自の進化をしたことで”高いストレス耐性”を持っている植物たちのことです。

 

たとえば抗酸化作用・保湿作用・バリア強化作用・消炎作用など、美肌を保つために必要な成分が多く含まれているのです。

しかも最強の植物たち!

ここまでの美肌作用が実証されたクレンジングは、日本初だそうです。

 

アンオー「ホリスティッククレンズミルク」がおすすめなのはこんな人

私自身がとても美肌効果を感じているため、色んな人にこの良さを体感してもらいたいと思います。

アンオーの「ホリスティッククレンズミルク」、ぜひ試してみて欲しいのはこんな人です!

こんな人におすすめ

  • クレンジング剤の種類がありすぎて、どれが良いのかわからない
  • 今つかっているクレンジングで本当に良いのかわからない
  • クレンジング剤は変わらないのに、お肌の調子だけ悪くなってきた
  • 敏感肌・ストレス敏感肌なので自分に合うクレンジングがない
  • 手早く・確実にメイクを落としたい!
  • ふっくら弾力のあるお肌になりたい
  • 毛穴の汚れや開きが気になっている
  • エイジング対策としてもクレンジングを考え直したい

30日間返金保証もあるので、手軽にお試しができますよ。

お試し&詳細はこちらから

アンオー『ホリスティッククレンズミルク』

 

 

ごきげんよう

 

・・・

ポチッと応援よろしくお願いします♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

よく読まれている記事

1

  補正下着メーカーで日本一の歴史と店舗数を持つマルコですが、その値段の高さから敷居が高いと感じる人も多いようです。 たしかにマルコの補正下着は他と比べて高いですが、納得できる理由があるのも ...

2

  手軽に取り入れられて自分に合わせた使い方ができるということから、「家庭用脱毛器」がサロンと同等の人気を集めています。 でもたくさん種類がありすぎて、どう選べば良いのかわからない… という ...

3

  このブログで人気の膣トレシリーズ。 その膣トレに効果的なゲイシャ(芸者)ボールなるものをたびたび紹介していますが、一時期の膣トレブームを過ぎても一定の関心を集め続けています。 市販されて ...

-基礎化粧品
-, ,

error: Content is protected !!

© 2020 マシェリ 女性人生楽しむポータルサイト Powered by AFFINGER5