セルフ脱毛

ケノンを超える?脱毛ラボホームエディションとの比較とメリット紹介

 

大人気の家庭用脱毛器ケノンですが、そのメリットとデメリット、本当に知っていますか?

実はケノンの”最大のメリット”と思えるところは、他の家庭用脱毛器脱毛ラボホームエディションでもカバーできることがわかったのです。

そしてケノンにはないメリットも満載だったり…

ケノンを今まさに購入しようかと思っている人は、ちょっと立ち止まってもう一度確認してみませんか?

ケノンのメリットとデメリット、そして脱毛ラボホームエディションでどのようにケノンを超えることができるのか、じっくりとお伝えします!

 

ケノンのデメリット

まずはケノンのデメリットから見てみましょう。

 

I・Oラインの脱毛ができない

サロンではなく家庭用脱毛器を選ぼうとしている人の本音は、

  • 恥ずかしいところ見られるのイヤ!
  • 臭くないか心配…
  • 濡れちゃうのが恥ずかしい

だからセルフがいい!」という人が大半だと思います。

実際、脱毛部位の一番人気はVIOラインだったりもします。

しかしケノンはI・Oライン非対応。

Vラインはできても肝心のIラインとOラインができないというのはちょっと考えモノ…。

ワックスやシェーバーでも自己処理しにくいI・Oラインこそ、光でピカッと脱毛しちゃいたいですよね。

 

本体が大きい・コード式

ケノンの本体は、幅約30cm・奥行き約20cm・高さ約10cmで、およそティッシュ箱2つ分くらいの大きさです!

脱毛ヘッドはコード式で本体とつないでいる必要があるため、コードがちょっと邪魔になります…。

しかもコードに十分な長さがなかったりするので、脱毛箇所によって体勢をいろいろ変える必要があるかも!?

 

冷却機能がない

ケノンのような家庭用脱毛器を使う人の不安は「痛くない!?」というところにもあると思いますが、そもそも脱毛の痛みの原因を知っていますか?

これは脱毛器の光によって毛が焼けるときの痛みですが、お肌の色によってはお肌にも反応して焼かれてしまうのです…。

特に日焼けしたお肌には使用厳禁なほど危険だったりします。

まぁ冷却機能はほとんどの家庭用脱毛器についていないので、ケノンだけのデメリットというわけではありませんが。

 

ケノンのメリット

デメリットを確認したので、次はメリットを確認して安心しましょう。

カートリッジ交換で半永久的に使える

こちらが私が思うケノンの最大メリットです!

サロンより安価な家庭用脱毛器とはいえ、せっかく買うのなら長く使える方が良いですよね。

カートリッジは大体1万円ほどで、交換すればずっと使い続けることができるのは魅力です。

しかも2019年新モデルはよりパワーアップして最小パワーで300万発、最大パワーでも50万発という長寿命になっています。

 

パワーが微調整できる

ケノンの脱毛パワー調整は10段階なので、かなりの微調整ができます。

お肌や痛みが心配な人はパワー1から始めても「毛が抜け始めてきた!」と効果を感じられている人もいるようです。

そうなるとパワー10ってどれだけ!?

しかも新モデルでは最大出力がさらにパワーアップしているようです。

(始めて利用する時は、くれぐれもパワー1からにしましょうネ…。)

 

照射面積を変えられる

カートリッジを交換できるケノンのメリットは、こんなところにも。

通常のヘッドでも充分な面積がありますが、「一度にたくさん脱毛したい!」「大雑把なので照射モレが心配!」という人には面積が広いカートリッジ(エクストララージ!)もおすすめです。

ただ、広面積にする分、照射回数はガクッと落ちます。

例えば標準ヘッドで300万発でも、エクストララージの場合は20万発(最大パワーで1万発)まで減ります。ちなみに照射面積は標準の1.3倍です。

ここは好みが分かれるところかも?

しかし顔脱毛用のミニカートリッジもあったりと、楽しめる要素満載のケノンであります!

 

ケノン公式サイトを見てみる

 

ケノンのメリットを上回る家庭用脱毛器って?

さて、お待たせしました!

メリット満載のケノンですが、私はもっと素敵な家庭用脱毛器をおすすめしたいのです。

その名も「脱毛ラボホームエディション」(以降、脱毛ラボHE)。

 

それというのも、

ケノンのメリットをことごとくカバー ケノンにないメリットを持っている

からです!

ひとつずつ見てみましょうか。

 

全身脱毛300回できる!

私はケノンの最大メリットはカートリッジ交換で”半永久的に”使えるところにあると先述しましたが、脱毛ラボHEは最大パワーでも30万発が可能です。

全身脱毛約300回分に相当します。

ちなみに脱毛サロンの場合、脱毛完了まで最低18回必要(しかも数年後また生えてくることが多い…!)と言われています。

脱毛ラボHEの全身脱毛300回はそれを優に超えるので、買い替えせずとも”半永久的”だったりします。

よって、家族でシェアしてる人も多いです。

 

脱毛周期が短い

また、自分のペースで脱毛したいセルフ脱毛派には嬉しい周期の短さもあります。

ケノンは脱毛周期は2週間に1回としているのに対し、脱毛ラボHEは数日〜1週間に1回の脱毛が可能!

毛がすぐ生えてくる人量が多い人には、超オススメなのでは?!

 

冷却機能あり!(他の家庭用脱毛器にはほぼなし)

ケノンのデメリットでも少し触れましたが、家庭用脱毛器全体のデメリットとして、

冷却する手間がある or 冷却しないと痛い

という点があります。

脱毛ラボHEには冷却機能が搭載されていて、照射と同時に冷却してくれます。

実際、これで痛みを感じる人が少ないのが人気の秘密だったりします。

「脱毛した直後に冷却」と考えると2倍の手間で面倒になってしまいそうですが、冷却もできちゃう脱毛ラボHEならずっと使い続けられそうではないですか?

 

コンパクトで持ち運びができる

これも私が脱毛ラボHEを気に入っている理由です!

ヘッドに本体機能が一体化されているハンディタイプなので、かなり小回りが利きます。

その分ケノンよりは少し重く感じる人もいるかもしれませんが、感覚としては500mlペットボトルよりは小さいし軽いです。

脱毛とミニ筋トレが兼ねられる?!

 

脱毛サロン「脱毛ラボ」がプロデュース

脱毛ラボHEの魅力、伝わっていますか?

こんなにいろいろと独自の機能があって、まさに痒いところに手が届く設計がされているのは、

脱毛サロンプロデュースだから!

というほかありません。

脱毛ラボホームエディションはその名の通り脱毛ラボ」という脱毛専門サロンが「家庭用に」「セルフ用に」と開発した脱毛器なのです。

脱毛ユーザーのニーズも、現場のエステティシャンの声も大いに反映されているのでしょうね。

(※他の脱毛器は家電メーカーによって開発されていることがほとんど。ケノンは脱毛器専門メーカー「エムロック脱毛器店」によって開発されました。)

ちなみに脱毛ラボHEの最大パワーは、サロンで使われている業務用脱毛器に匹敵します。

それでもセルフ用だけあって安心への配慮はされているのが嬉しいところですよね。

 

レンタルサービス登場!お試しできるしそのまま買取もOK

これまた画期的なシステムですが、脱毛ラボHEはレンタルもできます。

ありそうでなかった脱毛器レンタル!

レンタル対象は中古か新品かで、月額料金が1,000円ほど違います。

1年間使ったらそのままもらえるし、「やっぱり合ってなかった」と思えば4ヶ月目から解約もできます。

ちょっとお試し感覚で始められるので脱毛初心者にとっても熟練者にとっても、かなりハードルが下がっていますね。

 

脱毛ラボHE公式サイトを見てみる

 

最後にまとめて比較!ケノンと脱毛ラボホームエディション

メリットやらデメリットやらが錯綜して混乱してきた人へ、わかりやすく一覧です!

ケノン 比較 脱毛ラボ
対応部位 I・O除く全身 I・O含む全身
周期 2週間に1回 3日に1回
交換式? 交換式 好み 使い切り
照射回数
50万発 30万発
照射面積 カートリッジ交換で
約1.3倍
ケノンの通常サイズ
と同等
パワー調節 10段階調節 5段階調節
熱い?痛い? 熱い
冷却必要
冷却付
痛み少
軽さ コード式&
本体が重く大きい
ハンディ式
500mlペットより
小さく軽い
開発
エムロック脱毛器
(脱毛器専門店)
脱毛ラボ
(脱毛専門サロン)
価格 63,455円 64,980円
公式
ケノン公式 ❤︎ 脱毛ラボHE公式

 

参考にしていただけたでしょうか?

ケノンは家庭用脱毛器第1位の人気を誇りますが、ケノンのメリットをカバーできてケノンにないメリットも持っている脱毛ラボホームエディションもおすすめですヨ!

どちらの脱毛器が自分にあっているのか、検討してみてください。

ちなみにアマゾンや楽天などからも購入できますが、類似品の心配があるので要注意です。

1年保証などが受けられる公式サイトからの購入をおすすめします。

今から始めて露出シーズンに間にあわせよう!

 

ごきげんよう

 

・・・

みどりTwitterをフォロー!

ポチッと応援よろしくお願いします♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

よく読まれている記事

1

  女性が加齢と共に直面する課題、それは体型維持です! バストは垂れ下がってサイズダウン、ヒップも垂れ下がってなんだか足が短く見える… なにもせずに放置すると、のっぺりとしたドラえもん体型に ...

2

  日々関心が高まっている脱毛。 手軽に取り入れられて自分に合わせた使い方ができるということから、「家庭用脱毛器」がサロンと同等の人気を集めています。 「でも、たくさん種類がありすぎて、どう ...

3

  私も愛用のオルビスシリーズ。 もうすぐ1年のおつきあいとなります。 夏場の汗どろどろの肌ストレス状態も乗り切り、冬の乾燥も乗り切り、もう完全に手放せない状態となっています。 現在使用して ...

-セルフ脱毛
-, ,

Copyright© マシェリ 女性人生楽しむポータルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.