セルフ脱毛

脱毛ラボの家庭用脱毛器でする全身脱毛!VIOももちろん

 

脱毛してみたいけどサロンへ通う時間が取れない

VIO脱毛したいけど、見られるのが恥ずかしい…

脱毛サロンはちょっと予算オーバーだなぁ…

できるだけ出かけたくないインドア派

 

そんなあなたへ、ご紹介したいものがあります。

人気サロン「脱毛ラボ」が開発した家庭用の脱毛器です。

家庭用というからには、自分自身で脱毛処理を行うことができるという画期的なもの。

でも、プロがやるようなことを素人がやって大丈夫なの?

と思っている人へ、家庭用脱毛器の特徴をご紹介しますヨ!

 

Datsumo Labo Home Editionを見てみる

 

家庭用脱毛器ってなに?

家庭用脱毛器とは、その名の通り「家庭で脱毛ができる機器」です。

フラッシュ式レーザー式があり、片手サイズの機器なので自分で自分の体に当てて使用することができます。

今回ご紹介するのは、脱毛サロンである「脱毛ラボ」が開発した家庭用脱毛器”脱毛ラボホームエディション”です。

 

「脱毛ラボ」ってなに?

脱毛ラボは日本全国に56店舗を構える脱毛サロンです。

脱毛サロン初の「月謝制」を導入したり、多くの脱毛サロンユーザーが願う「予約の取りやすさ」を叶えたり、とことん「低価格」に取り組むなど、こまやかな”顧客目線”に好感が持てるサロンです。

そんな人気と実績を伴う脱毛のプロ「脱毛ラボ」が家庭用脱毛器を開発したのです。

その効果やいかに!?

 

サロンの脱毛と同じところ・違うところ

しかしプロがやっている脱毛を、素人が自宅でやって大丈夫なのでしょうか?

家庭用脱毛器の不安ポイントをまとめました。

 

家庭用脱毛器は安全なの?

家庭用脱毛器は脱毛ラボホームエディションの他にもたくさんの種類があります。

家庭で「自分でできる」というのはとても魅力的ですが、どうしても気になるのが「安全性」ですよね。

なにしろプロが行う脱毛サロンですら、「脱毛失敗」がないわけではないのですから…。

(過去記事参照:「脱毛に失敗するとどうなる?失敗しないためのサロン・クリニック選びとは 」)

でも安心してください。そこはもちろん考えられています。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンと同じようにフラッシュ脱毛という手法を使うわけですが、「照射パワー」を調節することもできるし、そもそもマックスのパワーが低めに設定されています。

脱毛サロンで起こる脱毛失敗(主にやけど)はこの照射パワーが強すぎたことが原因で起こることがほとんどです。

そのため、自分のお肌に合った照射パワーにすることで肌トラブルを避けることができます。

 

どのくらいの期間で脱毛完了する?

多くの脱毛サロンで全身脱毛が完了するまでの期間は約6ヶ月〜2年ほどとされています。

一方で家庭用脱毛器の場合は、約1年ほどの継続利用で「効果を感じ始める」ようになり、そこから先は個人の使用感によります。

脱毛サロンよりも照射パワーが弱いため時間がかかるのは仕方がないことです。

その分、自分のお肌に負担がかからず、マイペースで続けられるというのが家庭用脱毛器の良いところです。

 

家庭用脱毛器のコスパは?

家庭用脱毛器の安全性や便利さはわかってきましたが、そこで大事なのが価格です。

脱毛サロンとそう変わらない価格なのだとしたら、あまりメリットを感じられませんよね。

脱毛ラボホームエディションの価格は71,478円(税込)ですが、一般的な脱毛サロンの全身脱毛コースと比べると約3分の1以上の価格となっています。

また、脱毛ラボホームエディションの場合は全身脱毛を約300回(約30万発)行うことができます。

1回あたり約238円の計算になります!

自分だけでなく家族と共用にすることもできます。

実はVIO脱毛、若い世代の女性だけでなく、40代・50代以上の女性にも人気があるのです。その理由として、「介護される側になった時のエチケットとして」というものが多いそうです。

これを機に姉妹やお母さん、おばあちゃんと、脱毛器をシェアするのも楽しいかもしれないですね。

女同士で秘密の共有…盛り上がりそう。

 

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器の使い方は、とても簡単です。

脱毛サロンのように照射前にジェルを塗ったりする必要はありません。

脱毛したい箇所に当てて照射を行うだけでOK。

照射と同時にお肌を冷却するため、照射時の赤みや痛みを即座に沈静化してくれるのです。

使用できる箇所は顔から足の先、もちろんVIOも含めた、全身です。

 

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器にはもちろんデメリットだってあります。

つまり「脱毛サロンと比べて」ですが、こんなことが挙げられます。

 

手が届きにくいところは照射が充分に行えない

機器に慣れるまでは照射もれが起こることもある

 

どうしても素人の自己処理ですから、照射もれで”そこだけ毛が生えてくる”ということはよくあります。

しかしこれは脱毛サロンでもあり得ることなので、サロンよりも圧倒的に長く使えるメリットを活かして気長に脱毛していきたいですネ。

また背中など自分の手が届かないところの脱毛に関しては、家庭用脱毛器は不向きです。

どうしても背中を綺麗に脱毛したいんだ!という人は、サロンの方が確実です。

それなりにデメリットはありますが、VIOなど人にやってもらうには抵抗がある部分を自分でできるというのは最大の魅力ですよね。

 

家庭用脱毛器はこんな人におすすめ

以上のことをふまえて、脱毛サロンよりも家庭用脱毛器が向いている人はどんな人なのか、まとめてみます。

家庭用脱毛器はこんな人におすすめ

  • 脱毛サロンは予算的に難しい、けど脱毛したい
  • デリケートな部分を見られるのが恥ずかしい
  • マイペースでやりたい、気になった時にさっとできる手軽さがいい
  • 接客を受けるのがめんどくさい
  • 休日はできるだけ家にいたいインドア派
デリケートなところだから、マイペースでやりたいよね

上のチェックポイントでひとつでも気になった人は脱毛サロンよりも家庭用脱毛器が合っているかもしれません。

まずは公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

 

Datsumo Labo Home Editionを見てみる

 

 

脱毛ラボホームエディションに関する記事はこちらもどうぞ。

痛くないしVIOもOK!脱毛ラボホームエディションを選ぶ理由

脱毛を本気で考える季節がやってきました! 今シーズンに向けて脱毛ピークの時期となります。 数ある脱毛サロン間での顧客争奪戦や、顧客間でのサロンの予約合戦も激化することでしょう。 しかしこのブログを読ん ...

続きを見る

 

一番人気の家庭用脱毛器ケノンとの比較はこちら!

ケノンvs脱毛ラボホームエディションどちらかに決める!

  手軽に取り入れられて自分に合わせた使い方ができるということから、「家庭用脱毛器」がサロンと同等の人気を集めています。 でもたくさん種類がありすぎて、どう選べば良いのかわからない… という ...

続きを見る

 

 

ごきげんよう

 

・・・

ポチッと応援よろしくお願いします♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

よく読まれている記事

1

  補正下着メーカーで日本一の歴史と店舗数を持つマルコですが、その値段の高さから敷居が高いと感じる人も多いようです。 たしかにマルコの補正下着は他と比べて高いですが、納得できる理由があるのも ...

2

  手軽に取り入れられて自分に合わせた使い方ができるということから、「家庭用脱毛器」がサロンと同等の人気を集めています。 でもたくさん種類がありすぎて、どう選べば良いのかわからない… という ...

3

  このブログで人気の膣トレシリーズ。 その膣トレに効果的なゲイシャ(芸者)ボールなるものをたびたび紹介していますが、一時期の膣トレブームを過ぎても一定の関心を集め続けています。 市販されて ...

-セルフ脱毛
-, ,

error: Content is protected !!

© 2020 マシェリ 女性人生楽しむポータルサイト Powered by AFFINGER5